分譲マンションというものについて思うのは

いまや分譲マンションというものもバブルのころよりもはるかに安い値段で買うということができるようになり、身近なものになってきました。
土地の値段が高かった時代においては、土地や物件を持っているだけでかなりの財産になったということがありましたけど、それも落ち着いてきたということがあるようです。
もっとも、こうしたマンションのように集合住宅に住むという人も、仕事の関係とかで単身の世代が住むということになり、昔のように家族で住むという人はあまりいなくなってきたということがあるようです。
これは、生活スタイルの変化というものがあるためと思われます。
今はよほど設備の整ったマンションで、交通アクセスもしっかりしているということがないとなかなか人を呼び込むことはできないといわれていますけど、これはマイホーム主義というか、一戸建てを建てるのにそれほどお金がかからなくなったということも関係しているといわれています。
ただ、都心にあるものは便利という点からかなり値段が高いようです。