オフィスと住まいと倉庫の関係

以前の我が家は商売をやっていて、規模はそれほど大きくはなかったものの、住まいのなかに店舗というオフィスがありました。
オフィスといっても、私が学生のときに使っていた学習机がまだ綺麗だったので、それを店に持ってきて、それをオフィスのデスクとして使っていました。
引き出しもたくさんあり、もともと勉強をするために作られたデスクでしたから、コンセントやライトなどもついていて、使い勝手はよかったようです。
住まいの中に店舗があるというのは、一般のお宅からすると不思議な感覚を覚えるようです。
子供のころから家がずっと商売をしてきた私などは、逆に店のない普通の家に不思議な感覚を覚えたものですが、今は商売をたたみ、普通の家になったので、そのどちらも分かります。
また、一角には倉庫がありましたが、ここは子供は入ってはいけないことになっていて、うずたかく積まれた多くの品物を見るたび、商売の大変さを感じました。
オフィスというしゃれた感覚ではなかったものの、事務をするスペースもちゃんとあったことから、当時の我が家にはオフィスも住まいも倉庫もくっついていたんだなと改めて思います。