賃貸型分譲マンションというものもある

賃貸マンションにもいろいろなものがあります。たとえば、形態であれば、デザイナーズマンションがあり、建築家のコンセプトを前面に出したものです。あるいは、元より、入居者が限定されたものがあり、学生マンションが好例でしょう。
しかし、賃貸マンションでも、分譲マンションを利用したものがあります。それが、賃貸型分譲マンションです。マンションの中には、賃貸と分譲が同一に敷地に含まれている者があります。一部が賃貸であり、別な一部が分譲となっているものです。しかし、賃貸型分譲マンションとは、分譲で利用されているものが、賃貸となっているものです。不動産会社自体が空室を作らないために貸し出しているケース、あるいは、居室の所有者が投資のように貸し出しているものもあるようです。
特徴としては、元々分譲であるため、作りがしっかりしているところでしょう。しかし、家賃が高めであり、賃貸でも件数が少なめであるようです。住みたい地域に物件が出ていない可能性があります。仮に住む地域を選ぶか、建物を選ぶか、ということなるでしょう。そうはいっても、賃貸型分譲マンションも基本は、分譲です。永続して居住することを前提として建築されていることは、確かなことのようです。